トップ > おしらせ > 美少女戦士セーラームーン展

おしらせ

おしらせ 2016/04/08 [2016/04/08] 『美少女戦士セーラームーン展』詳細、見どころなど一挙紹介!

美少女戦士セーラームーン展

4月16日(土)から6月19日(日)まで六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリーにて開催される、『美少女戦士セーラームーン展』。その展示内容の詳細が解禁となりました! 『美少女戦士セーラームーン展』は大きく分けて8つのパートで構成されています。それぞれの見どころをご紹介していきます!



<0.エントランス>
tenkaisai_01.jpg
エントランス イメージ(昼)
エントランスは、ムーンキャッスルをイメージした空間となっており、展望台の窓にはセーラー戦士の全身イラストがずらりと並びます。高さ11メートルを超える吹き抜けの大空間に飾られた、武内直子先生が本展のために描き下ろした原画を使用したタペストリーは必見です。



tenkaisai_02.jpg
エントランス イメージ(夜)

エントランスの中央には「イメージの泉」が登場します。セーラー5戦士のパネルと「美少女戦士セーラームーン」にまつわる様々なメディアミックス作品が勢ぞろいしたフォトスポットになっており、作品舞台の麻布十番や東京タワーをバックにセーラー戦士たちと記念撮影をすることができます。
また、日没後には、90年代アニメの主題歌でもある「ムーンライト伝説」の音楽にあわせた音と光のライトショー(約30秒)を10分ごとに1回、毎日実施します。さらに、「月にかわっておしおきよ!」ポーズのセーラームーン等身大パネルのフォトスポットも登場します! 東京タワーをバックに、セーラームーンと一緒に「おしおきよ!」ポーズを決めて写真撮影を楽しめます。



<1.セーラームーンクロニクル~愛と戦いの系譜>
このコーナーでは、セーラームーンのストーリーの流れを初めて年表でまとめました。
前世での月の王国シルバー・ミレニアムでの出来事から、現代でのセーラー戦士の覚醒、ダーク・キングダム編、ブラック・ムーン編、デス・バスターズ編、デッド・ムーン編、セーラースターズ編と、未来まで時空を超えた壮大な愛と戦いのストーリーを振り返りながら、数々の名シーンのイラストをちりばめた年表でご覧になれます。



<2.セーラームーンミニムービー>
原作の印象的なシーンを映像(約2分間)で上映します。うさぎちゃんがセーラームーンになったきっかけ、集う仲間、次々と襲いかかる敵との戦いのストーリーから、「仲間を思う気持ち」や「あきらめない強さ」といった『美少女戦士セーラームーン』の魅力を凝縮してご覧になれます。



<3.セーラームーン伝説の始まり>
「美少女戦士セーラームーン」の原点である第1話をカラー化して初公開します! その他にも、連載開始時に表紙を飾った『なかよし』1992年2月号や、「レインボーシール」「メイクアップゴーグル」などのふろく、応募者全員プレゼントとして製作された「うさぎちゃんステーショナリーセット」といった懐かしのアイテムを展示します。



<4.セーラームーン エスカレーション~社会現象となったセーラームーン>
1990年代の変身グッズ、フィギュアなどの玩具やゲーム機など幅広いジャンルに人気が広がったセーラームーンに関する資料を展示します。
現在では入手困難な当時のグッズや、90年代アニメの5シリーズで実際に使用されたセル画の名場面集、セーラー戦士やタキシード仮面など主要キャラクターの設定資料をはじめ、絵コンテやアフレコ台本まで、展示総数500点以上のアイテムを一堂に集めたセーラームーンの博物館です。



<5.美しきセーラームーン原画の世界>
『なかよし』連載当時の美しいカラー原画から、扉絵やコミックの表紙で使われたものを中心に、選りすぐりの作品を展示します。さらに、本展のために武内直子先生が描き下ろした作品も展示されます!
※会期中、カラー原画の作品保全のため、一部展示替えを実施します。
※展示期間は諸般の事情により変更する場合がございます。ご了承ください。
[展示替え期間]
①第1期 4月16日(土)~5月8日(日)
②第2期 5月9日(月)~5月29日(日)
③第3期 5月30日(月)~6月19日(日)

■展示原画(一例)
gengaten_01.jpg
gengaten_02.jpg
gengaten_03.jpg
gengaten_04.jpg
gengaten_05.jpg
gengaten_06.jpg



また期間中、2015年に『FRaU』の表紙を飾った清川あさみ氏とのコラボレーション作品も特別公開いたします。
■清川あさみ氏プロフィール
1979年生まれ。文化服装学院在学中にモデルとして活躍し、卒業後、糸や写真を使った美術作品を発表するアーティストとして活動。
代表作に「美女採集」、高橋コレクションに所蔵されている「コンプレックス」シリーズがある。 広告、CM、衣装、アートディレククターとしても活躍中。



<6.時を超えるセーラームーン>
「美少女戦士セーラームーンCrystal」やミュージカル資料のほか、大人向けの高級感のあるアクセサリー、コスメグッズの展示など、「美少女戦士セーラームーン 20周年プロジェクト」を紹介します。



<7.セーラームーン展 スペシャルショップ>
原作イラストなどを使った展覧会限定発売のオリジナルグッズ約50種類や、先行販売グッズがそろう大規模なスペシャルショップです。
グッズの詳細については今後、こちらのサイトや『美少女戦士セーラームーン展』公式サイトにてお知らせします。



■美少女戦士セーラームーンの舞台となった麻布十番で聖地巡礼!■
tenkaisai_06.jpg
セーラームーンの世界に1日中浸れる楽しみ方として、作品の舞台となった麻布十番商店街の聖地巡礼をご紹介いたします。「火川神社」のモデルとなった氷川神社や一の橋公園などをめぐり、セーラームーンの世界をお楽しみください。また、番外編として、セーラームーン展会場から、作品に登場する無限洲駅のモデルとなった天王洲周辺を見渡せます。
また、4月13日(水)から会期中、麻布十番商店街とのタイアップを記念して商店街内に『美少女戦士セーラームーン』とアニメ『美少女戦士セーラームーンClystal』<第3期 デス・バスターズ編>のバナーが登場します。

Twitter 原作担当:おさぶ@osabu8